祭りにはいくら寄付すべきか

お祭りなどで寄付金を出す時にいくら出せばいいのか、そしてみんなはいくら出しているのかって疑問ですよね。寄付する金額は絶対的ではないものの地域や自治体によって半強制的に請求額が決まっている所も多いようです。

毎年毎年お祭りが近づくと回覧板などでお知らせが届き、寄付金の回収がある所もあります。お祭りが開催される地域の会社が寄付する場合にはどこかに寄付した方の名前が載るのである意味広告宣伝にもなるという事で快く何万円、何十万円も寄付される方はいるみたいですが一般家庭からの寄付としては1人あたり何百円かが多いみたいです。

基本的には寄付という名目なら強制要素はなく金額も気持ちで出すものだと思いますが自治体などから決まった金額の寄付をお願いされると断れないという方がほとんどで、実際お祭りに参加しないので出したくないと思っている人も少なくはないようです。

ある自治体でのお祭りでは乳幼児の分まで寄付させられる所もあるようで中には寄付金の事で納得できず自治体ともめてしまう方もいるようです。それぞれの町のお祭りの寄付金額に関しては国で管理しているわけでもなく国で定められた公正なものではないのでいくら出さなければいけないといったようなものはなく出せる範囲で気持ちとして出すのが一般的です。